低用量ピルを服用している女性

低用量ピルは妊娠を防ぐだけでなく、生理痛緩和などの効果もある便利な医薬品です。多くの女性が悩んでいるつらい生理痛は低用量ピルでとても楽になるんです!生理不順にも悩んでいるなら市販の鎮痛剤よりも低用量ピルが断然おすすめです!

低用量ピルは避妊以外にも嬉しい効果がある

低用量ピルというのは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンのふたつを成分として含んだものですので、これを飲みつづけることによって、妊娠しているときと似たような状態がつくられ、排卵が停止し、子宮内膜が厚く成長することもなくなって、妊娠もしなくなるわけです。このように、低用量ピルのなかには、一定量のホルモンが含まれていますので、継続的に飲むということは、体内の女性ホルモンのバランスも一定に保たれるということになります。このことは、低用量ピルの正式な効果効能である避妊ということのほかにも、ポジティブな効果をもたらすことがあるのです。たとえば、月経痛がひどくて仕事ができないほどになってしまうという、いわゆる月経困難症の症状や、月経の直前に気分がいらついたり、下腹部痛などにおそわれたりするものの、月経がはじまってしまうと、なにごともなかったかのように改善するという、月経前症候群などといったものも、ホルモンバランスが原因となっていることは多いものです。そこで、低用量ピルによってホルモンバランスがととのえられた場合には、こうした症状が改善するということも期待されるわけです。こうした本来の効果効能以外のポジティブな効果のことは、副効用とよばれることもあり、ネガティブな作用である副作用とは反対のものとして、もっと注目されてもよいものです。ホルモンバランスに関していえば、実は女性の肌荒れやニキビなどといったものも関連性があるため、低用量ピルを服用した結果として、肌荒れやニキビが改善されるということもあり得ます。そのほかには、長年にわたって飲み続けていると、子宮体がんの発症抑制といった副効用もあるとされています。